頸椎CPS用ナビプローブ

頸椎CPS用 ナビプローブ

頸椎CPS用ナビプローブは、独自に開発した高精度頚椎・胸椎スクリュー刺入システムです。0.3mm以下のリアルタイムナビゲーションが可能です。

基本情報

製品名 頸椎CPS用ナビプローブ
開発年 2003年
承認の有無 一般医療機器(クラス1)
発明者 製鉄記念室蘭病院  小谷 善久
販売業者 メドトロニック ソファモア ダネック株式会社
製造業者 メドトロニック ソファモア ダネック株式会社
使用用途 頸椎椎弓根スクリュー挿入
実用新案登録 第3092558号
手術用穿孔具(ナビゲーション手術用頚椎椎弓根スクリュー刺入具)
登録年月日 2003年12月18日
考案者 小谷善久、山田敏治
現在、同一製品は販売しておりませんが同様のデバイスがメドトロニック ソファモア ダネック株式会社より発売されております。

製品構成

頸椎CPS用ナビプローブ詳細

使用方法

3Dナビゲーション下に頸椎スクリューを挿入することが可能です

3Dナビゲーション下で頸椎スクリューを挿入することが可能

Kotani Y, Abumi K, et al: Improved accuracy of computer-assisted cervical pedicle screw insertion. J Neurosurg (Spine 3): 99, 2003

参考資料

参考資料