本サイトについて

本サイトの運営について

本サイトは日本MISt医療機器委員会が運営しております。

日本MISt医療機器委員会

委員長
佐藤公治(名古屋第二赤十字病院)

委員
石井 賢(慶應義塾大学)
船尾陽生(川崎市立川崎病院)
成田 渉(Web管理者・みどりヶ丘病院)


MISt関連の医療機器の情報を集めております。
今後,webサイトに情報を集約して掲載することを予定しています。

MIStについて

MISt(ミスト; 最小侵襲脊椎安定術)とは
Minimally Invasive Spine Stabilization、現在は固定中心ですが制動や安定化を目指す低侵襲脊椎手術手技。
最小侵襲または低侵襲脊椎安定術(固定・制動を含む)。低侵襲に脊椎固定するだけでなく制動や安定化も含めた手技の総称。
MIS-PLIF/TLIF、経皮的脊椎固定用インストゥルメントによる多椎間固定のみならず、例えばPeek rod、棘突起間スペーサー、Grafバンド、椎体形成など脊椎の安定を目指す発展性のある広い意味。

MISt研究会について

MISt研究会は 2009年4月にBostonで結成した。
当初発起人(順不同) 佐藤公治(名古屋)、齋藤貴徳(大阪)、星野雅洋(東京)、有園剛(福岡)、石井賢(東京)の5名。MIStの安全な普及を目的に、若手を中心に本音会、症例検討会、多施設検討を行っている。
2012年MISt研究会地方会が設立され関西、中四国、関東、九州など各地で開催されている。
また2012年末にはMISt維新の会(若手次期セミナー講師の会)が結成された。
2013年には東北MISt、2014年には中部MISt、北海道MIStが発足した。連絡はメーリングリストで情報交換する。

機器登録、お問合せについて

機器登録・お問合せについてはメールフォームよりお申し込み、お問合せください。